Navigation | Page content | Additional information

Page content

Press Release

October 22, 2020

国際見本市 InnoTrans 開催 2022 年に延期

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大のために、計画が不確実なことから、InnoTrans 国際見本市を 2022 年に延期することになりました。メッセ・ベルインは国際的な大手企業および主要団体と協議の上、延期を決定しました。第 13 回交通技術国際見本市は、2022 年 9 月 20 日~ 23 日の期間、ベルリンで開催されます。

 

「InnoTrans を 2022 年に延期することは苦渋の決断でした。」と、メッセ・ベルリンの会長であるクリスティアン・ゲーケ博士は語ります。「決定的な要因は、今後数ヶ月の計画の不確実性、および、新型コロナウィルスの今後の感染拡大ペースや終息時期が不透明なことでした。パンデミック状況下では、2021 年 4 月にメッセ・ベルリン国際見本市会場の使用などのフレームワークが整い、InnoTrans のような大規模な国際イベントを開催できるかどうか、十分な確信を持って言えません。」約 3000 メートルの線路に新しい鉄道列車を展示するのは InnoTrans 独自のユニークな企画であり、この国際見本市にとって大変重要です。

 

 

「メッセ・ベルリンと業界関係者は、InnoTrans は、国際見本市としての高い水準を満たす環境で開催すべきであるという点で合意しています。すべての関係者の意向に沿い、InnoTrans の業界における最高のマーケティングプラットフォームとしての高い水準を長期的に保証し、同時に、すべての関係者が確かな計画ができるようにするために、この度、2 度目の延期を決定しました。」とモビリティ & サービシーズ部門担当ディレクターであるマティアス・シュテックマンは語ります。

 

次回InnoTrans は、元々の次回開催予定期間である 2022 年 9 月 20 日~ 23 日に開催されます。 来年、2021 年 11 月 9 日~ 11 日には、モビリティ分野における国際専門見本市 MES Expo がメッセ・ベルリン国際見本市会場で開催されます。交通システム全般を取り扱う見本市コンセプトは、エレクトロニクス・サプライヤーを対象とします。B2B イベントは、レール、商用車、自動車業界の出展者およびビジターに、多分野にまたがるグローバルな意見・情報交換のための国際的なプラットフォームを提供します。フレームワークプログラムは、VDB、DVF、ZVEI、および、ドイチェバーン(ドイツ鉄道)が企画します。

InnoTrans の延期に関する詳細情報、および、よくあるご質問(FAQ)
については、ここでオンラインでご覧ください。

 

 

InnoTrans について

InnoTrans は2年毎にベルリンで開催される国際鉄道技術見本市です。 前回は、61 ヶ国  3,062 の出展者が参加し、149 ヶ国から153,421 人のビジターが来場して、世界の鉄道業界の革新技術について情報を集めました。本見本市は、Railway Technology(鉄道技術)、Railway Infrastructure(鉄道インフラ)、Public Transport(公共交通)、Interiors(インテリア)、Tunnel Construction(トンネル技術)の 5 つの部門に分かれています。InnoTrans はメッセ・ベルリンが主催します。第 13 回 InnoTrans は 2022 年 9 月 20 日~ 23 日の期間、メッセ・ベルリン国際見本市会場で開催されます。詳細については www.innotrans.com をご覧ください。